日本のカードローンは最も借りやすい一つ

歴史的にも国際的にも日本のカードローンはかなり借りやすい!

群馬県在住 J.Mさん(29歳)
これはちょっと勉強が嫌いな人からすると、めんどくさくて聞きたくない話かもしれない。しかし事実として日本のカードローンというのは、世界的に見ても歴史的に見ても、かなり金利が低くなっているために借りやすいということがわかると思うので、興味のある人は読んでほしい。

海外は途上国では特に多いのだが、金利が非常に高い。例えば1日借りるだけで1割の利息が乗ってくるような金融が幅を利かせているような途上国もある。ほとんどが裏社会とつながっているところもあるし、金融融資を受けようとしても難しいのだ。

逆に途上国ではなく、日本と同じような先進国では金融が立派なビジネスになっているし、日本と同じようにカードローンもたくさんある。しかしカードローンの金利が規制されていないところもあり、中には年利に直せば何倍になるような金利を設定しているところもあるのだ。

これは日本と違って市場に任せるという方法をとっているからだ。国が規制するのではなく、しっかりと「この人は貸しても返ってくる人だろうか」ということを考えて貸し出しをカードローン会社もするので、借入自体が難しくなっているというわけだ。

日本の場合は国が「ここまでしか金利をとってはいけない」と決めており、これは先進国中最低クラスの金利水準なのだ。だからカードローン会社も主婦や学生などのあまりお金を持っていないであろう層であっても、枠を用意したりすることがある。これは誰かから借りたりアルバイトをして返せる、そういう風に踏んでいるのだ。

そして今の日本はドンドンと金利の水準も下げてきているので、歴史的に見ても、今が一番借りても安全といえるだろう。今までは借入をするとそれなりの金利がついていたものだが、今はほとんどつかないレベルといえるだろう。

以上のように世界的に見ても、日本の今までの歴史をさかのぼってみても、かなり借りやすくなっているのは間違いない。カードローンがATMで簡単に借りれるのもまた、借りやすくなって多くの人が利用する原因の一つだろう。

金利もお得なカードローン会社はコチラ!