カードローン 契約期間

カードローンの契約期間は返済期限ではない

クレジットカードもカードローンもそうですが、往々にしてカードを使っている契約にはその期限を決める契約期間というものが存在します。さて、ここで疑問になることは、契約期間とはいったい何を区切るためのものなのでしょうか。

第一に思いつくことは、返済の期限ではないでしょうか。この場合ですと借り入れた資金を全額返金しなければならないといったところでしょうか。

しかし、それでは問題が残ります。契約しておいて借りたい時に借りられる筈のカードローンで有るのにもかかわらず、契約期間の終了まじかであったら借り入れが出来ないことと同義になってしまいます。いえ、例え契約終了までに余裕が有っても限度額と借り入れる額によってはそもそも返済に目処を立てられない場合が多く出てしまうはずです。

カードローンの契約期間は大抵は1年から5年で、銀行系の場合にはほとんどが1年更新となっています。このような短期間では表示されている限度額は返済しきれないのではないでしょうか。

実は、契約期間はそのような意味の言葉では無いのです。

これはカードの、あるいは契約そのものの継続期間を示すものであり、身近なところで例えればレンタルショップの会員証を定期的に更新しているようなものなので身構える必要など一切ないのです。しかも、基本的に借主が更新しない旨の申請を行わない限りは自動的に更新されるものですから、更新されたことにも気づいていないかもしれません。

この契約更新は借主の審査も兼ねており、限度額や金利の増減が行われたり、信用履歴の酷い者に対しては利用停止などということもあるようです。

ちなみに、契約期間を超えて更新しない申請をしたり利用停止になったりしても、支払いが終わるまでは今までどおりの返済を続けることになりますから、一気に全額返済するように迫られたりはしません。

金利もお得なカードローン会社はコチラ!