カードローン 勤務先

カードローンの審査で勤務先を偽る必要はない

カードローンに限った話では無いのですが、個人向け融資の審査の時には在籍確認と呼ばれるものが有ります。申請者が本当に記載した会社に所属しているのかどうかを会社に直接電話をかけて確かめるというものです。

この在籍確認は、金融企業から直接本人に対して電話が来るということになっているので、非常に気にしてしまう人が多いのは事実です。

金融会社から会社に電話が来てしまっては自身に対してマイナスの評価がついてしまうのではないかとか、会社の人間にそのような個人的な情報を与えたくないとか理由は様々であると思います。

だからといって虚偽の報告をしてしまっては元も子も有りません。虚偽報告はブラックリスト入りのきっかけになりえる大きな理由ですし、調べればすぐに分かってしまいます。

それに、会社に電話がかかってくるからといってそこまで気にする必要もないのです。

電話をする担当者も、わざわざカードローンの在籍確認で連絡しました、というようなあからさまな連絡をしてくることはないからです。

基本的には、営業の電話や知り合いを装って本人が在籍していることを確認するからです。この時同時に記載された会社が本当に存在することなどを確認する訳ですからやはり虚偽報告にメリットは無いでしょう。

このように、貸し手もきちんと借り手を配慮した方法を取っている訳ですから、借り手が不要な心配をして無駄な労力を使って貸し手に悪い印象を与えないように心がけて欲しいものです。

金利もお得なカードローン会社はコチラ!