中国出張中にカードローンの金利支払い

中国へ出張に行っている友人はカードローンの金利支払いは忘れない

埼玉県在住 U.Sさん(37歳)
友人に中国出張で中国によく行く友人がいる。長い時では1ヶ月くらい出張していくのだが、おそらく彼は独身だからという事もあって、会社も命じ安いのだろう。私だったら絶対に行きたくないところだ。1ヶ月も海外で暮らしたら、日本語を忘れてしまうだろう。

でも今の時代は中国を抜きにして仕事やビジネスというものは語れない。ということで友人も中国との接点を持てるようにしているのだが、それでも日本でのメリットというのを逃したくないと考えているようだ。「中国は重要だけど、そこにずっと住んでいたいとは思わない」というのが彼の本音だ。

だからこそ彼は出張しながら帰国するという方法で中国に足場を作っているのだろう。本当なら向こうに転籍であるとか出稿するという形を取ることもできたはずなのだが。前に聞いたらそれ以外にもカードローンのために日本に返ってくると聞いたことがある。

「中国では金を借りることができないから、日本のカードローンに頼ってるんだ。正直日本のカードローンほど借りやすくて金利が安いところはないよ。金利支払いをしたって中国でも受けた利益のほうが大きかったりするから、投資に使えるよね。」

彼が言うように帰国するごとにカードローンの返済をしているが、それをさらに借り入れて、また中国で投資をしているようだ。その内容は定かではないが、そのおかげでかなりのお金が儲かっているというのを聞いたことがある。

結果的に彼は日本の生活を手放したくないと言っていたが、これは日本のカードローンなどもその中に入っているのだろう。これだけ手軽にお金を借り入れて、しかも返済のための金利が低いから苦しくならないというのは、日本位のものだと思う。

それ以外にもいくつも日本だとプラスなことはある。減税策もあるし、最近では円高のために日本円を持っているだけでも強い。彼は独身であるうちに色々と合理的な選択をしているようだ。今まではちょっと間抜けな男と思っていたが、意外にデキル男なのだろう。

金利もお得なカードローン会社はコチラ!