カードローン 滞納

カードローンを滞納した場合の対応

カードローンに限らずですが、返済を滞納してしまうと一般的にはブラックリストとして認識されている事故情報というものに記載されてしまいます。

滞納をしてしまうと返済が完了するまでは新たに借り入れを行うことは出来なくなります。また、返済を出来ても再び借り入れが可能になるまでに二、三日の誤差が生じます。

さらに、それ以降に限度額の引き上げを申請したとしてもまず通ることはないでしょう。きちんと返済を行えない人間に融資を行ってもなんの利益も得られませんし、必然と言って過言ではないでしょう。

他社での借り入れを行おうにもブラックリストに載っているのですから基本的に門前払いでしょう。

しかし、ヒューマンエラーというものは無くせるものではありません。むしろ、今の時代ではロボットでも完璧ではあり得ないのですから、考え方によっては厳しすぎる基準と言えるかもしれません。ならば、実際問題として、返済が遅れてしまった場合にはどうすればよいのでしょうか。

答えは簡単なことで、返済が遅れる旨を連絡するだとか、準備が出来次第すぐに返済を行うことを担当者に連絡し、実際に返済することです。

金融企業は保障会社と契約しているので返済が滞った場合に保障会社が返済額を代替えし、保障会社が返済額を徴収することになります。

どう転んでも損害補償金は発生するのですが、この金利は通常の金利と比べ高額であるのが普通です。これは動かし難い事実です。金融企業自体は保障会社から保障を貰っているのであまりに遅れた時には自分から連絡はしてくれません。返済が遅れてしまえば確実に損害補償金は発生してしまいますが、なるだけ早く返済することでその額を最小限にすることが出来るので、さっさと返済しましょう。

金利もお得なカードローン会社はコチラ!